DLP News 【原爆ドームにイルミネーション、あり? 被爆者ら疑問視】 2016.12.09


カテゴリ:イベント, ニュース, 中国, 動画, 地域, 手話, 運営からのお知らせ


【原爆ドームにイルミネーション、あり? 被爆者ら疑問視】
12月に入ってから、いろいろな場所でイルミネーションされていますね。本日は、広島県の原爆ドームのイルミネーションはあり?被爆者らが疑問視しているという話です。原爆ドームと厳島神社が世界遺産に登録されて20年になります。それを記念して広島市が、イルミネーションのイベントを開催。観光客を招き、価値を見つめ直すという狙いです。しかし、慰霊の地を観光化することに疑問の声も。「観光」と「慰霊」の両立のあり方が問われています。このイルミネーションは、「平和の光イルミネーション」として12月7日から来年の2月5日まで開催。木々に青色LEDを約5万球使用されています。市は、「優しく語りかけるような光の演出で平和のメッセージを世界に届ける」と。登録10年と時は、通路にろうそくを並べたそうです。広島県原爆被害者団体協議会は「観光地」として発信することに疑問。それに対して市は、「鎮魂の場にふさわしい明かりにした」と説明している。
みなさんはどう思いますでしょうか?
イルミネーションは確かに綺麗ですけどね。
以上、2016年12月9日(金)のDLP Newsでした!
※この動画には音声はありません。

取り上げてほしいテーマのリクエストや、この場を使ったお店やイベントの宣伝希望などありましたら、Deaf Life Partnersまでお気軽にご連絡ください。

問い合わせメールアドレス:info@deaf-partners.com