DLP News 【天皇陛下お気持ちを表明】 2016.08.09


カテゴリ:ニュース, 動画, 地域, 手話, 運営からのお知らせ


DLP News始めます!!!!!

Deaf Life Partnersでは今後、DLP Newsとして、いま話題のニュースを取り上げ、難しい用語や皆さんがもっと詳しく知りたいことなどを手話でわかりやすく解説していきたいと思います。

取り上げてほしいテーマのリクエストや、この場を使ったお店やイベントの宣伝希望などありましたら、Deaf Life Partnersまでお気軽にご連絡ください。

問い合わせメールアドレス:info@deaf-partners.com

【天皇陛下お気持ちを表明】
昨日、2016年8月8日に天皇陛下が、国民に向けたビデオメッセージでご自身の現在のお気持ちを表明されました。

日本国憲法第1条に、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意(そうい)に基(もとづ)く」とあります。

天皇陛下はご高齢となり、80歳を超えられています。日々、様々な場所へ足を運ばれるなど、激務をこなされています。

そこで、摂政(せっしょう)という、天皇陛下の代役を置くことも考えられます。

摂政とは、皇室の決まりごとである皇室典範(こうしつてんぱん)で定められている役職で、天皇陛下がまだ幼く御公務が難しい場合や、反対に、お年を召されてご病気などでお身体が思うように動かない場合に、陛下の代理で公務を行います。

しかし、陛下のお気持ちとしては、仮に摂政を置いたとしても、ご自身が天皇としてのお務めを十分に果たせないまま、崩御(ほうぎょ)されるまで天皇という立場であり続けることに心苦しさを感じられ、生前退位(せいぜんたいい)の意向を示されています。

また、昭和天皇が崩御された際には、しきたりによって、ほぼ連日2ヶ月間に渡って葬儀儀礼を行なわれ、一年間喪に服しながら、通常の御公務をこなされた陛下ご自身のご経験からも、生前退位のお気持ちを表明されました。

このことについて、皆さんはどう思われますか。一度考えてみてはいかがでしょうか。

以上、2016年8月09日(火)のDLP Newsでした!
※この動画には音声がありません。